議員活動支援

議員活動支援

議員活動支援

縄文堂商会では地域の活性化に向けた取り組みの一環として、議員と議員を志向する人材を、情報発信を通じて支援する事業に取り組んでいます。地域の活性化に向けた取り組みが実を結ぶか否かは、街全体を見据えた議員がどれだけ存在するかに依りますが、縄文堂商会では、従来型の議員、即ち地域と市政のパイプ役を掲げる議員ではなく、市政全体をマクロに見据えることが出来る議員や人材の支援を目指して、様々な事業を展開しています。行政の不足を補い、街全体の課題を解決出来る人材を多方面から支援するのが、縄文堂商会の事業の核芯です。個々の支援事業(議員活動支援)の全てが、こうした人材支援の目的のために存在しています。従来までは、地域の要望を行政に反映させることが議員の務めだと考えられてきました。然しながら、地域の課題は解決されても、市政というマクロな視点での課題は一向に解決されませんでした。行政のキャパシティ(能力)を超える問題に関しては、依然、課題が放置される傾向が長く続いたのです。知多市を例に取ると、雇用や商業力の不足といった重大な課題が挙げられますが、こうした難問題に真摯に取り組める能力と志を持った人材を、縄文堂商会は支援して参ります。

動画投稿サイトYouTube活用支援

動画は情報媒体として優れています。動きのない活字紙面と違い、政治家の顔と肉声を直接視聴者に届けることが出来るからです。YouTubeを通じて流れる肉声での政治演説は、他のメディアと異なり、桁外れのインパクトを有します。情報に「動き」が加わることは、政治家の雄弁さや説得力に関わる重要な要素なのです。一般に、オンデマンド可能な媒体の威力は強力です。至る所で街頭に立って、精力的に政治演説するのと、ネットで動画として配信するのとでは、どちらが簡便で有利か一目瞭然です。縄文堂商会では、こうしたYouTube動画の利点を最大限活かす提言をして参りました。TVメディアもニュースとして情報化しますが、編集を受けて明確に発言者の主張が伝わらないなど、その弊害を考慮に入れねばなりません。発信主体がメディア側なのか、それとも政治家自身によるものか、どちらが有効か考慮すべきでしょう。自主的に意見をまとめて、任意の時日に動画にして放映することこそ、YouTube活用の第一歩です。以上の理由から、縄文堂商会では、YouTubeの活用を推奨しているのです。動画作成のノウハウを蓄積した、縄文堂商会ならではの提言です。

政見動画制作支援

縄文堂商会では、政見動画制作支援を手掛けています。政見動画には定形的なルールや制約があるため、説得力のあるシナリオ台本が予め必要となります。また、比較的短い時間で自分の主張や考えを動画に盛り込まねばならないので、政見動画を録画する前に、演説の中身を取捨選択してスリムにしておく必要があります。政見動画では、簡潔な言葉を用いて、正確に自身の考えを発信することが重要です。通常、政見動画で語るべき内容は、政策です。5分程度の持ち時間の中で、どれだけ雄弁且つ堂々と自身の政策を語れるか、そこが勝負の分かれ目です。その媒体の性質上、些細な言葉のミスも命取りになりかねません。多くの有権者との、極めて重要な接点となりますから、普段から自分なりの政策を吟味し、頭の中でシュミレートしておくべきです。縄文堂商会では、弊社代表が長らく議員を務めた経歴を活かし、政見動画に於いて「何を、どう語るか」についてのアドバイスが可能です。これから政治を志す方には、必携の知識や方法論をお伝え出来ると考えます。再選を果たすために、弊社のノウハウを活かしたい議員の皆様にも、僭越ながらお手伝いさせて頂く機会を期待します。是非、弊社をご活用下さい。

選挙準備支援

縄文堂商会では、候補者の方の選挙準備支援も承っております。先ず、後援会活動を強力に推進して参ります。街頭遊説の演説台本の骨子や、有権者名簿を作成したり、パンフレットや名刺の準備など、選挙には入念な準備が必要ですが、弊社は、長年の研鑽で培ったノウハウで、候補者をアシストして参ります。特に重要なのが、ポスターやハガキの類です。選挙期間から遡って、事前に用意しておくのが肝心です。広報原稿も非常に重要であり、推敲に推敲を重ねて、出来れば文章の専門家に目を通してもらうのが良いでしょう。従来、選挙に於いて最も重要なファクターは人員の確保だと言われてきましたが、弊社の選挙戦略は、常日頃から情報媒体を利用して、候補者が情報発信の主体として政治にコミットする姿勢を広く知らしめることにあります。ホームページやSNS、YouTubeやリーフレットなど、事前に可能な準備は全て手を打っておくのが望ましいとの見解です。以上の認識に立って、縄文堂商会では、候補者の方の選挙準備を強力にアシスト致します。是非、立候補なさる高潔な志の方は、弊社にご相談下さい。現職議員である、弊社代表が、実際の経験と知見から、候補者の方に的確なアドバイスを致します。

ホームページ作成支援

縄文堂商会では、議員及び議員を志向される方に向けて、ホームページ制作の支援を致しております。議員が公開するホームページは、通常のホームページと異なり、政治家の公約が継続して掲載されているのが特徴です。昨今の情勢を見ても、政治家がインターネット上で主義主張を公開しないのは、時代遅れかも知れません。何故なら選挙の時だけ公約を掲げれば良いとの誤解を生みかねないからです。政治家は、公約を誠実に履行する姿勢を何某かの媒体で継続して提示すべきかと思われます。弊社がホームページを政治家に推奨する理由は以下の通りです。ホームページを利用する利点は、支持者以外のアクセスも有り得るからであり、広範に政治活動を報告することが実現出来ることです。支持者以外の市民に情報を公開することは、非常に有益だと言えます。何故なら政治家を市民が監視する機能を自ら提供することは、選挙の公平性を増進し、結果的に支持層を増やす成果につながるからです。ホームページの更新によって、政治的成果を伝えることも可能になるため、ホームページを作成するのは非常に有効です。以上の理由から、縄文堂商会は議員向けホームページ作成支援の事業を展開しています。

SNS情報発信支援

縄文堂商会では、Facebookを筆頭とするSNS(ソーシャルネットワークシステム)の情報浸透力、及び情報拡散の速度の大きさを重視しています。議員活動の一環として、政治家の「今の声」を読者に即座に且つ直接届けることが可能な手段として、SNSは非常に有用です。読者からのFeedback(反応)による世論の動向把握に有効なシステムでもあることからも、議員活動支援の一つとして、SNSの活用を積極的に推奨しています。市政をマクロに捉えるためには、ミクロな情報を丹念に蓄積して分析する必要があります。SNSは人脈作りにも役立つ上に、様々な職業や地域の人間と知己になれるといった機能を持っているため、ミクロな情報の集積をマクロな視点に転換する目的を果たす上で、非常に理に叶っています。政治家相互の意思疎通にも、SNSは一役買ってくれることでしょう。SNSに於いては、記事を上げて政治家の主張を公開し、支持層を増やすことが可能である点も見逃せません。長らく弊社の代表が議員活動を続けたことにより、縄文堂商会は、現場の実際の視点からSNS活用に関して提言出来る立場にあります。SNSの有用性に関して、説得力のある提言を展開して参ります。

名刺作成支援

名刺は政治家の顔と言っても過言ではありません。有権者の皆さんに、名前と顔を瞬時に覚えて頂くことが可能なアイテムこそ、政治家の名刺でなければならないのです。弊社では、名刺の重要性を強調していますが、一般の名刺と混同されがちな傾向もあります。明らかに一般の名刺と、政治家が用いる名刺の間には隔たりがあります。名刺には、小さくて短いテキストしか掲載出来ませんが、所属政党や自身のサイトのQRコードやURL、メールアドレスや電話番号など、必要な情報を全て網羅することが可能なため、逆に万能ツールと言っても差し支えないほど重要な位置付けです。一般のビジネスツールとしての名刺と異なるのは、以上の理由からです、有権者の一人一人は、候補者の顔と名が一致することを期待する筈です。候補者の写真入りの名刺の重要性はここでも強調しておくべきでしょう。もちろん、配布する名刺はデザインも重要です。仰々しくなくシンプルで、清廉なイメージのデザインが好まれるでしょう。議員や議員を志す方は常に携行して、初対面の有権者や関係者に即座に配布出来るようにすると良いでしょう。名刺をご希望の候補者、議員の皆様におかれましては、是非、弊社にて名刺をご用命下さい。

リーフレット作成支援

名刺は政治家の顔と言っても過言ではありません。有権者の皆さんに、名前と顔を瞬時に覚えて頂くことが可能なアイテムこそ、政治家の名刺でなければならないのです。弊社では、名刺の重要性を強調していますが、一般の名刺と混同されがちな傾向もあります。明らかに一般の名刺と、政治家が用いる名刺の間には隔たりがあります。名刺には、小さくて短いテキストしか掲載出来ませんが、所属政党や自身のサイトのQRコードやURL、メールアドレスや電話番号など、必要な情報を全て網羅することが可能なため、逆に万能ツールと言っても差し支えないほど重要な位置付けです。一般のビジネスツールとしての名刺と異なるのは、以上の理由からです、有権者の一人一人は、候補者の顔と名が一致することを期待する筈です。候補者の写真入りの名刺の重要性はここでも強調しておくべきでしょう。もちろん、配布する名刺はデザインも重要です。仰々しくなくシンプルで、清廉なイメージのデザインが好まれるでしょう。議員や議員を志す方は常に携行して、初対面の有権者や関係者に即座に配布出来るようにすると良いでしょう。名刺をご希望の候補者、議員の皆様におかれましては、是非、弊社にて名刺をご用命下さい。

後援会活動報告広報誌 作成支援

常日頃、議員がいかなる活動をしているか、もしくはどんな課題に取り組み、政治的成果を上げているかを報告するのに際し、活動報告等広報誌の役割は、決して小さなものではありません。定期的に配布される、この広報誌には政治家の近況が記載されていて、議員と有権者市民との情報のシェア(共有)という意味合いが含まれています。地域が抱える問題を提起して、市民に問題意識を抱いてもらうことも可能な上、政治的課題を今後どうやって解決していくかなど、広く深く告知する機能を活動報告等広報誌は担っているのです。議員の啓蒙活動の一端を担う活動報告等広報誌の役割は、益々その比重を高めていくでしょう。然しながら、こうした広報誌が配布される機会は滅多に無いのが実情です。非常に高度な文章構成力、及び紙面構成の難しさが災いして、政治家が情報発信媒体として用いるケースが少なく、一般的な認知度が低いのです。昨今のこの状況を憂いた縄文堂商会では、紙面構成に際して高度な技術を要する、こうした広報誌の作成も支援しております。弊社の代表が議員活動で培った経験と知識を動員して、活動報告等広報誌の普及と恒常化に努めていく所存です。是非、広報誌をお考えの方は、弊社縄文堂商会にご連絡下さい。

連絡所・後援会連絡所 看板作成支援

縄文堂商会では、後援会連絡所の看板も作成しております。デザインや意匠、字体や写真など版面は自由にレイアウトが出来ますが、注意すべきは、法によって設置の手続きが定まっている点です。候補者にとって、煩わしい手続きの一つが看板の作成と設置ですが、12枚の看板には候補者の名前を広く告知する役割があるので、選挙に於いて、極めて重要な要素です。縄文堂商会では、本業のデザインの力を生かして、候補者の方にご満足頂けるよう後援会連絡所の看板作成に努めて参ります。

(公職選挙法による定め)
選挙の際や、議員の活動を支える母体である後援会連絡所には看板が敷設されていますが、公職選挙法によって立ててもよい数が、予め制限を受けています。即ち、候補者6枚、後援会6枚と、全体で12枚の看板が立てられます。なおかつ、必ず看板には証票を貼り付けなければならず、立てても良い看板の数が、事務所一つにつき、2枚が限度として定められています。よって、先ず、選挙管理委員会に証票を交付してもらう必要があります。看板の大きさも予め制限を受けており、公職選挙法の定めに従えば、縦百五十センチメートル、横四十センチメートルを超えないものとされいます。後援団体のほうですが、こちらは面倒な手続きが必要で、都道府県選挙管理委員会に届け出て、政治団体を設立した旨を届け出て、その上で証票の交付を申請ができるようになります。

ページ上部へ戻る